本文へスキップ

事業案内/UAV測量

UAVを利用した空中写真測量

フライトプラン

UAVとは”Unmanned Aerial Vehicle”の略称であり、無人で飛行する
航空機の総称です。
UAVを活用することにより、人が立ち入る事の出来ない危険箇所や災害現場、土木工事現場などで高精度な計測が可能になります。


固定翼機と回転翼機

固定翼機(senseFly社 eBeeRTK)は、完全自動制御で広大なエリアの計測が可能です。
また、撮影した画像から各種図面の作成が行えます。

回転翼機(senseFly社 albris)は、橋梁や法面などの調査・点検が可能です。
また、サーモセンサーによる撮影で温度分布の調査も行えます。


eBee albris


SfM解析

計測データをPix4Dmapper等のソフトで解析します。
SfM(Structure from Motion)技術を利用し、点群データ、3Dモデル、オルソ画像の作成を行います。

i-Constructionへの活用例
・3次元数量算出(土工)
 計測した施工前後の3次元データを3次元CADで比較して施工土量を算出できます。

3Dモデル 点群データ

バナースペース

株式会社大興計測技術

〒501-4612
岐阜県郡上市大和町剣880−6

TEL 0575-88-4135
FAX 0575-88-4410